世界が変わる様子を見よう

rapt理論が世界に広まるように。イルミナティの支配体制の崩壊を祈って。

11月11日の主の祝祭日について


f:id:Sano7:20171112104310j:image

 

11月11日

 

この日は私達が救われたこと感謝する日です。

 

まず、朝4時半に出発して(通学用のママチャリです)目的地についたのが4時50分

 

うん、目標時間より30分オーバー

 

さっそく賛美をはじめました。

 

するとなんと小雨が降りだし、じょじょに強まり雨宿りをしながら賛美をしましたが、人が通るので集中できず、元の場所に戻りました。

 

また雨が強まり、どうか雨がやむように祈りながら賛美して

 

さらに雨と風が強まり、自転車が倒れ、寒くて靴の中もびしょ濡れになり、

 

一旦雨が弱まったときには泣き崩れました。

(いろいろな感情がこみ上げて来て・・・)

 

 

そこからは泣くのをこらえながら賛美して、雨の強さがマックスになった時点で今日はもうムリだと、私は諦めて帰ろうと思いました。

 

スマホの時計を確認して、まだ5時だい

 

(コートを着てきて良かった・・・寒すぎる)

 

イヤイヤ、まてまて

 

「6時半」まではなんとしても賛美しようと決心します。

 

 

6時20分頃から、雨が弱まり、上には美しい月が出始めて

 

もうやむだろうと確認したら6時29分。この時点では、まだ水溜まりは揺らいでます。

 

これでラスト1曲、神様のゴールを歌いました。

 

なんと

 

歌いだしたら晴れました。

 

私が6時半まで歌うと言ったから、神様は6時30分ぴったりに天気を変えてくださったと思って、嬉し涙が出そうになりました。

 


f:id:Sano7:20171112111657j:image

 

その後の1日は雲がほとんどなくて、霊界も澄んでいて、美しい景色を見れました。

 

 

土曜日も午前中は学校があるので、登校しましたが、空気が軽い!

 

学校も明るい、というよりは夕焼けのようなオレンジがかった日差しが廊下・教室に射し込んでいていました。

 

カーテン越しの風も気持ちい

 

午後は富士川楽座(サービスエリア)で蕎麦と濃厚なソフトクリームを頂き、景色を見るために観覧車に乗りました。

 

一人だったので、物凄く不思議がられましたが。笑笑

 

 

神様との愛の経緯(いきさつ)をつくる。

 

朝の大雨の賛美がなかったら、たいした経緯に成らなかったかもしれないと思いました。

 

本当に神様と出会えてなかったら、こんなことは経験できないですし、いまだに世の中についても、人生についても五里霧中の中をさまよい続けていたのだろうと思います。

 

感謝します。