世界が変わる様子を見よう

rapt理論が世界に広まるように。イルミナティの支配体制の崩壊を祈って。

プライドについて vol.1


f:id:Sano7:20171014221329j:image

 

今日は小学校時代の思い出についてです。

 

 

まず、私は小1から高3まで運動会・体育祭で勝ったことがありません。

 

かなりレアですよね。

 

 

その中でも小6の赤軍団長になったときの話です。

 

≡≡≡≡≡

 

練習でも私は本気でやっているつもりでしたが、かなり怒られながらやりました。

 

一度だけフレーズを抜かしたときには、赤軍顧問に「お前次やったら、副団長と交換しろ」と言われ「白団長からは真剣さが感じられるのに、お前からは真剣さが感じられない」と叱られたりしました。

 

運動会シーズンは全校集会も色別集会も団長メインでやっていたので、低学年からはやたらと人気でした。

 

(私も低学年のときには憧れてました)

 

全学年、全クラスまわって、練習させてましたからそれこそ注目の的ですよね。

 

(モテるとかはないです、安心してください) 

 

 

当日も全力でやっているつもりでしたが、やはり最後の選抜リレーになると「声が出ない」。

 

腕も痛いし、喉も痛いし、疲れてるし選抜リレーやたらと長いし大変でした。

 

私もやっと終わったとホッとして、最後に力がみんなを抜けてを集めたときに、ある団員の女子に

「リレーの最後の歌とか、声小さかったんだけど」

 

と言われました。 まさかの最後の最後にダメ出しですか。

 

それこそプライドをズタボロにされ、そこで泣いてしまいました。(私はよく泣きます)心の中は怒りで満たされて、苦しかったです。

 

 

練習から叱られてきて、こんなにやったのに最後もこんな辛いのか・・・

 

 

≡≡≡≡≡

 

しかし今思いかえすと神様の導きですね。

 

逆に最後の最後に挫かれなかったら変なプライドをさらに持っていたはずです。

天狗になったりね。

 

それを見越した神様が私のプライドを崩したのだと思います。

 

 

「男のプライド」聞こえ方はカッコいいですよね。でも実際はダサいです。

 

自分の実力が3レベルなのに、21レベルの実力があると思っているようなものです。

 

プライドは早く捨てたい、でも目に見えないから気がつかないし、気がついてたとしても捨てたくない。

 

それが厄介です。気がついたら、捨てましょう。 

 

 

そしてまだ神様と出会っていない人達も、「あのときはプライドがズタボロになったわー」みたいな経験は神様の導きかもしれません。

 

 

RAPT | 新・貴方に天国から降り注がれる音楽を