世界が変わる様子を見よう

rapt理論が世界に広まるように。イルミナティの支配体制の崩壊を祈って。

太平記は暴露本

今回は太平記に書かれているサタンについてです。

 

≡≡≡≡≡

 

しかしその前に兄弟姉妹に

 

今までもブログを書いてきましたが、深く祈れなくなったりするときは、だいたいブログの更新が滞っているときです。

 

つまりブログ(伝道)を書かなくなる→あんまり祈れなくなるわけですね。

(これは私の場合です)

 ぜひみなさん、伝道している方は伝道にも熱意を持って取り組んでください。

 

≡≡≡≡≡

 

ということで太平記についてです。

 


f:id:Sano7:20170905221018j:image

 

 

太平記の物語を今日知って、今日もうブログに書かせていただきます。

 

結論から・・・太平記は本当のことを書いてある暴露本です。

 

 

日本史の教師から聞いたことを覚えている限り書きます。

 

太平記は本当におもしろ ・ ・ ・ 省略・ ・ ・ なんか最初から怨霊とかが出てきて、みんなで世の中をどう乱すかとかいう会議とかをやって、天狗を放って悪事をやっていく内に南北朝の動乱が始まっていって ・ ・ ・ 省略 ・ ・ ・ 崇徳天皇なんて天狗に指示出してるからすごい悪者扱いされてる・・・」

 

 

ということで、崇徳天皇は天狗に指示を出せるほどの人間だということですし、怨霊・悪霊が世の中を乱すための会議をやると。

 

 

これは事実ですね。

 

本当にサタン達は人間を堕落させるため、世の中を乱し神様の心情を痛めつけるための会議を開いています。

 

実際に乱れてますし。

 

実際にイルミナティ内部では天皇はルシファーを喚ぶために存在していましたし。

 

RAPT | 天皇がどこからどう見ても悪魔崇拝者であるという証拠。

 

RAPT | 検索結果: 天皇

 

 天皇家なんてずっと悪ですし、イルミナティのトップ一族はみんなエグいほどの悪人です。

 

raptブログでは彼らの悪が痛快に書かれています。心の中のモヤモヤがとれて、とてもスッキリとします。