世界が変わる様子を見よう

rapt理論が世界に広まるように。イルミナティの支配体制の崩壊を祈って。

新しい服を買うときのカラーの選び方のコツとは?



f:id:Sano7:20170825203235j:image

 

 

今回は自分に似合う色を見つけて、その色をチョイスしてみましょうという記事です。

 

つまりパーソナルカラー

 

ほとんどの方が「黒い服が好きだよっ」と言います。

 

私は今まで黒を敬遠していて、ネイビーばかりでしたが、今年に入ってから黒を選択するようになりました。

 

しかし

 

こちらの絵をみると、Winterだけじゃないですか!黒と白がパーソナルカラーなのは!

と言っても、winter以外の人はモノトーンを着てはいけないというわけではないです。

 

一般的に黒のアウター×まっ白のインナーは強弱がありすぎてキツいと言われていますが、そこまで気にする必要もないかと思います。たしかに黒×白の人あまり見かけませんけど。

 

 

では、パーソナルカラーに戻ります。

 

 

 

 

 

 

↓こちらから転載します。

どうして?!カーキも朱赤も似合わない~私が気づくまで~|Sapere Vedere ~見る技術~β版

 

≡≡≡≡≡

 

 

もう10年ほど前の話。

 

「どうしてだろう、アンタが着ると安物にしか見えない」

 

母が絶望的なため息とともに言った。

 

私が履いている、赤いタータンチェックのスカートの事だ。

 

それは、いわゆる朱赤がベースになったロイヤルスチュアートタータン的なチェック柄。

布の名誉のために言っておくと、ヨーロッパの某有名ブランドが使用したものの残りだ。

イタリア製の、母の見立てによると大変に素晴らしい上質な布らしい。

 

母が、タイトミニスカートに仕上げた。

「自分で言うのもなんだけど、縫製は上手い」

 

もちろん、私に合った図面で作って、身には完璧にあっている。

腰から尻にかけて、ちょっとつまんであるので、市販のタイトスカートのようにその部分がダブつくこともない。

 

つまり、もし購入したとしたら大変な値段になる最高級の布地で作ったオーダーメイドのスカートということになる。

 

にも関わらず、着て見ると、誠に安っぽい。

 

どうしようもなく安く見える。

このスカートに合うのは、生成りのようなナチュラルな色合いの白とか、ベージュ。キャメルとか。そういう色を合わせてみている。しかし、誠に安く見える。

 

どう見ても、どう見ても、安っぽい。

 

でも、脱いで、スカートだけを見ると、本当に上質で、美しい。

 

私が悪いのか?

 

【悪いのは私じゃない、相性の問題】

 

最初、私が悪いのだと思った。私が安い人間だからだろうと。

 

ここで比較対象としてもう一つのスカートについて話したい。

 

こちらも同じように某有名ブランドが使ったイタリア製の生地で、こちらはシルバーグレイと限りなくグレーに近いピンクのチェック。こちらは台形ミニスカートに作った。

 

こちらは、なんと擦り切れるまで着た。いろんな所で、それ素敵、と褒められる。

 

質の点では同じと言える。しかし、着たときの見え方が全く違う。

赤いタータンチェックは着たとき凄く安く見えるのに、このグレーピンクは高級品に見える。

ということは、必ずしも私が悪いとは言えないのでは??と思い始めた。

 

これ、結論から言うと、『上質なものなのに安く見える』とは、似合わない色を着たときの現象だったんですね。なんでだろう、なんでだろう、ってずっと思ってたんですが、そういう事だったみたいです。

 

いわゆる、パーソナルカラー診断なるものを10年くらい前に受けましたが、その時はそこまで真に受けていませんでした。人によって肌の色が違い、その色次第で似合う色のグループが違う、という話。

 

似合わない色を着ると安っぽく老けて見えて、似合う色を着ると高級感があって美しく見えるというのです。それは肌の色で決まって、大体4つのグループに分かれるというのです。

 

これ、どうやら若いときにはそこまで歴然と明確には似合う・似合わない事が自覚できないそう。歳とともに、肌にアラが増えて、似合わない色が絶望的に似合わなくなり、似合う色がより一層、自分のアラを隠してくれるようになるみたいです。

 

ということで、私はパーソナルカラー「夏」という診断を受けていたことを思い出すと、グレーピンクが似合うのはドンピシャだし、朱赤は全く似合わないので納得なのです。

 

【朱赤が似合う人に着せてみた】

 

パーソナルカラーなる色分類では、夏・冬(ブル―ベースと大きく分類)の人は朱赤が似合わないという定説になっている。そして、朱赤が似合うのはイエローベースと言われる春・秋の人なんです。

 

そしてこの春にあたる人に、試しに問題の朱赤のスカートを当ててもらったところ、素晴らしく高級で素敵なスカートに見えたのです。嘘みたい。

 

試しに、秋タイプの人に試着してもらいましたが、素晴らしく高級で素敵に見えました。私、悲しくなるくらい。

 

ということで、その人に貰っていただきました。

私が着るとスカートが可哀想だから。

 

この時思ったのが、このパーソナルカラーって本当に使えるんだな、って事です。

ずっと前、受けたときにはたいして気にも留めていなかったけど、今になって効いてきました。

世の中、誤診も多いらしいですが、私の場合は完璧に合っていたようです。

 

 

≡≡≡≡≡

 

 

ちなみに私はAutumnらしいです。

 

たしかに、色褪せたデニムシャツがとてもよく似合わないんですよ。(キャラ的にも)

色褪せたデニムシャツはSummerですからね。

これは納得しました。

 

この記事を読んでいるほとんどの人は、ファッションの理論(ドレスとカジュアルのバランスをとる)ことは意識していると思うのですが、パーソナルカラーを意識している方って少ないと思います。

 

「なんかなんだかカラーみたいなやつあるよね?」←こんな感じだと思います。私もそうです。

 

私は服は好きなのですが、服を買うお金ってもったいないなと思ってしまうんですよ。

 

だから「これは失敗したわー」という買い物をしてほしくないし、したくないです。

 

ぜひ、パーソナルカラーを意識してみてはいかがでしょうか?

 

≡≡≡≡≡

 

 私と同じAutumnで

 

カーキとか茶色とかの色あわせよくわかんねぇよ!という方へ

 

 カーキ×茶色系はけっこういけます。

 

カーキ×ネイビーもいけますし

 

茶色×ネイビーはかなりいけます。 

 
f:id:Sano7:20170825213404j:image