世界が変わる様子を見よう

rapt理論が世界に広まるように。イルミナティの支配体制の崩壊を祈って。

人気raptブログの構造を分析して、役立てようという企画

ブログを書くのはとても難しい。

 

 

私の過去記事を振り返ると、ダサい文章がツラツラと書いてある酷い記事もチラホラ。

 

そんなことでタイトル通り、人気のブログの構成を真似したら少しは面白くなるのではないかと思いましたので、こちらからRAPT | RAPT×読者対談〈第131弾〉小林麻央の死は悪魔への生贄である。(悪の巨塔・日野原重明と市川海老蔵の深いつながり)転載して解説していきます。

 

 

皆さん、大変長らくお待たせいたしました。
 
久しぶりに一般記事を更新いたします。
 
今回はまたしても「癌利権」に焦点を当ててお話をしたいと思います。
 
そして、読者対談のオープニング曲も心機一転して新たに作ってみましたが、いかがでしょうか。
 
ここ一年ほどの間、「小林麻央」が乳癌をわずらったとのことで、マスコミ各社が総力を挙げて「小林麻央」とその夫の「市川海老蔵」のことをやたらと熱心に騒ぎ立ててきました。
 
しかし、このブログの読者である皆さんは、これらの報道を見て、すぐさま「癌利権」の関係者たちがボロ儲けしようと企んでいる、と分かったはずです。
 
「乳癌にかかると恐ろしい。だから、きちんと検診を受けて早期発見しなければならない」とのプロパガンダを垂れ流すことによって、この世の多くの女性を不安に突き落とし、病院に駆け込ませようという寸法なのです。

 

こちらが今回の記事の書き出し部分です。

 

 

 

 

RAPT | 「麻生太郎」一族が「関東大震災」「阪神大震災」「東日本大震災」の主犯であると見られる幾つもの証拠。

今回もまた「麻生太郎」をネタに記事を書きます。  

 

 

タイトルにも書きました通り、ここ最近の調査によって、実は「麻生太郎」一族こそが「関東大震災」「阪神大震災」「東日本大震災」といった一連の人工地震を起こしてきた主犯ではないか、という疑いが出てきました。

 

一応、「3.11」を起こした主犯格が「麻生太郎」である可能性については、先日の一般記事で書きましたね。その記事が以下になります。<br>&nbsp;<br>○<a href="http://rapt-neo.com/?p=42152">「麻生太郎」こそ人工地震「3.11」と「熊本地震」を起こした主犯格である可能性大。

 

で、この記事を書いた後、さらにあれこれと調べてみた結果、実は「関東大震災」も「阪神大震災」も「麻生太郎」一族が深く関わっていることが分かってきたのです。

 

もっとも、「関東大震災」が起きたとき(1923年・大正12年)には「麻生太郎」はまだこの世に生まれていませんでしたので、厳密に言うと、「関東大震災」と「麻生太郎」には直接の関係はありません。 

 

ただし、彼の曽祖父である「麻生太吉」は明らかに「関東大震災」に深く関わっていて、例のごとく「関東大震災」によってボロ儲けしています。こんなことを言うと、「関東大震災」はただの天災であって、人間が人為的に起こしたものではないはずだ、と思う人もいるかも知れません。

 

しかし、「関東大震災」はどこからどう見ても明らかな人工地震です。その証拠は、後ほど詳しくご提示しましょう。そして、「阪神大震災」も「東日本大震災(3.11)」も明らかな人工地震であり、これらの地震に「麻生太郎」が深く関わっている可能性は「100%」です。

 

 

今回は、その理由を詳しくご説明していきたいと思います。

 

 

≡≡≡≡≡

 

これらはランダムに私が選んだ記事です。

では分析してみましょう。

 

 タイトルについて

  • まずタイトルが長い、印象が強い。結論がタイトルからわかるようになっていて、本分の内容を捉えられやすくしています。

 

なるほどね、今回の私のタイトルが「人気raptブログの構造を分析して、役立てようという企画」うーん少し弱いですね。

 

変更するなら「人気raptブログの分析をして発見した幾つかのこと」これでどうでしょうか。本文の内容も捉えやすくなったはずです。

 

 

 

 記事の書き出し

  • 次に書き出し「今回は〇〇について」というようなスタートで、記事全体の大まかな内容がここまでで全てわかるようになっています。

 

この記事の書き出しが

そんなことでタイトル通り、人気のブログの構成を真似したら少しは面白くなるのではないかと思いましたので、こちらからRAPT | RAPT×読者対談〈第131弾〉小林麻央の死は悪魔への生贄である。(悪の巨塔・日野原重明と市川海老蔵の深いつながり)転載して解説していきます。

 これです。説明を加筆修正するなら

 

今回rapt ブログを分析して発見したことは

 

・タイトルのインパク

 

・書き出しで、全体像をわからせるための工夫

 

・長い文章の後に、伝わりやすくまとめること

 

この3つを意識して書くことが大切だとわかりました。では実際に、転載した文章読者比較してみましょう。

 

 

 

こんな感じにまとめてみました。

 

 

全体の構造

  • raptブログもその他人気ブログも、転載と画像を載せることで、誰にでもわかるような根拠・証拠を読者について提示しています。

 

青木 文教(あおき ぶんきょう、 1886年(明治19年)9月28日 – 1956年(昭和31年)11月7日)は日本のチベット(『日本のチベット』ではなく本物の方のチベット)研究者で僧侶。

 

・・・省略・・・

 

1916年帰国。翌年1917年(大正6年)に河口慧海の持ち帰ったチベット大蔵経の所有権をめぐり、青木文教と慧海との間で論争が起きる(大正の玉手箱事件)。
 
1941年から終戦まで外務省調査部嘱託職員としてチベット問題研究に従事。戦後(1950年)東京大学文学部チベット語講師に就任。
 
---------------------(転載ここまで)
 
このように日本の「西本願寺」と「チベット仏教」はとても密接な関係があります。
 
しかも、この「西本願寺」から派遣された人物が、チベットの国旗をデザインしたということは、「西本願寺」の配下に「チベット」という国家があると考えても間違いにはならないでしょう。
 
つまり、「チベット仏教」を裏から牛耳っているのが「西本願寺」だと考えられるわけです。(ちなみに、「西本願寺」とは「浄土真宗本願寺派」の本山になります。)

raptさんは転載するときに、けっこう長いものを転載されるのですが、「100%」まとめの文と簡単な追加情報をわかりやすいように書いてくれます。

 

読者として、これは非常に助かります。

しかも転載の文章も、大切な部分は太字にしてくれています。読み手に対する意識にも抜けがないです。 これはブロガーが全員見習わないといけないところですね。

 

 

 

raptさんの文章には「〇〇〇」が多いです。このカギカッコは強調したい部分に使っています。この記事の場合はraptブログに「」を使うべきですね。 

 

 

この3つを意識すれば、かなり整ったブログになるのではないかと思います。

 

あとは文章の上手さ、充実した内容かどうか、書く人によって決まってしまいますね。

皆さんも伝道したい方も、スキルを磨いていきましょう。

 

 

私自身、文章書くのが下手なので人に言える立場ではないのですが

 

こんな、感じの、文章は、とても読みにくいです。

 こんな感じの文章なら点を打たなくてもいいです。

 

たまに点を打ちまくるスナイパーのような人もいますが、点って、読むスピードが下がります。

 

カギカッコと同じで「強調」したいときにも点は使えますが、ほどほどにしましょう。