世界が変わる様子を見よう

rapt理論が世界に広まるように。イルミナティの支配体制の崩壊を祈って。

全国の読書感想文嫌いな学生に!読書感想文の効率的な書き方を紹介します。

 

ということで私はブログや普通の文章を書くのは好きなのですが、読書感想文というクソ課題はね、本当に嫌いですね。

 

というか全国の小中高の学生ほとんど全員が嫌いな課題だと思います。

 

 

中学は読書感想文が国語の成績に入るかもしれません。私はそうでした。

 

高校は入らないところの方が多いかな?

どうでしょうか?

 

 

入らない人・入る人のどちらにも言いたいのは、あらすじをダラダラと書いては選ばれることはないということです。

 

つまり本なんて読む必要はないんですよ。

 

私は選ばれなくていいから、テキトーなことを書いてます。

 

 

みんなも選ばれたいなんて思ってないでしょ?  特に受験生なんてこんなことで賞もらって、何になるんだって感じだと思います。

 

もらっても何もないですよ。

マジで時間の無駄です。

 

 

 

 

さっさと終わらすためには本を全て読まずに、最後の方のあとがきだけを読んで、内容をつかんでテキトーなことを書いて4枚半終わらしましょう。

 

 

今回の高3の本は戦争ものです。 この物語で反戦を掲げて書き続けるのはちょっと無理があるので、他の話題にも触れながらね。今のところ私は反戦を掲げて書いていません。

 

 

≡≡≡≡≡

 

例  家族・学校・過去の自分

 

書きながら思ったのが、戦時中と今の比較をして今の方がいい世界で自由があっていいわ。今生きてて良かったわ。

 

みたいなことを書くと楽ですね。

 

≡≡≡≡≡

 

 

あらすじをダラダラと書くことをオススメしないのは、それをやると結局しっかりと読んで書かなければいけなくなります。

 

本当に気楽に書いていけば、すぐに終わると思います。割りきっちゃいましょうマジで。

 

中途半端だと本当に何をやっても辛いです。

 

これがこの世の真理です。

 

RAPT | 「麻生太郎」一族が「関東大震災」「阪神大震災」「東日本大震災」の主犯であると見られる幾つもの証拠。