世界が変わる様子を見よう

rapt理論が世界に広まるように。イルミナティの支配体制の崩壊を祈って。

実は変化なし。社会環境の変化と人間の幸福度について

 

これは現実のお話で、シビアな内容です。

 

 

この世には経済問題、環境問題、ジェンダー問題、難民問題などの様々な問題があると言われてきました。

 

 

戦争問題が一番危険ですね。

 

 

しかし結論は世界中からそれら全ての問題が消えたとしても、私達人間は幸せになることはありません。サタンに属している限り、人間が本当に幸せになることはありません。

 

確かに、カシミアのマフラーを首に巻き、カシミアのコートを着て冬を越せたら暖かいでしょう。隣にはガールフレンドがいて、高級レストランで赤ワインを飲みながらA5ランクのステーキを食べるデート。

 

それはそれで楽しそうに見えるでしょう。

 

本当にそれが実現したとしたら、その場はとても幸せな気分になるかもしれません。

 

しかし、一人になり余韻もなくなると、また幸せではなくなります。

 

 

つまり社会や自分を取り巻く環境がどう好転したとしても、手に入るのは見かけだけの幸福感ということです。

(とは言えアフリカの貧困国のような、その日1日飢えをしのぐことが精一杯という環境は本当はすぐにでも改善すべきです。しかし、それが神様に裁かれているのなら改善は100%無料です)

 

 

本当の幸せは、そうではなくて、もっと内側から出てくる喜びや希望です。

 

その内側から出てくる喜びや希望を与えられるのは神様ということになるわけですが。

 

 

神様の愛さえあれば、他は何もいらないと思える状態が最高に幸せな状態です。

 

 

 

この世には本当に多くの誘惑があります。欲望を満たすための多くの物があります。

 

しかし欲望という物は、あればある分だけ心の中は汚れていくものです。

 

 

この世の価値観では、異性と好き勝手なことをすること、酒を飲むこと、ギャンブル、テレビや映画を落ち着いて見れることなど。 そうして生きることが自由だと言われています。

 

 

slave という単語があります。

 

意味は奴隷です。

 

≡≡≡≡≡

 

あなたは奴隷ですか?

 

と問われたら、この世の多くの人が私は奴隷ではありません。自由な身ですから。

 

と答えるはずです。

 

 

slaveには様々な欲望にとりつかれた人のことも指しています。

 

そうなると、この世の多くの人が私は奴隷ではないとは言えないはずです。

 

私も言えません。

 

≡≡≡≡≡

 

つまり様々な人間的な欲望が心にあるなら、罪の奴隷であるということです。

 

 

 そのような状態から抜け出すことが真の幸福なのです。

 

私もそのような次元にまで達します。

私のブログを読めばわかりますが、書いてる本人がそのような境地に達していないのです。本当に申し訳ありません。

 

私も頑張ります、みなさんも頑張ります。

 

そうして私達で真に幸福な生を生きましょう。まず、神様と出会っていない方は神様に会いに行きましょう。

 

祈れば誰でも神様という目に見えない存在を「信じる」のではなく、「理解できる」ようになります。

 

 

 RAPT | RAPTブログ読者の証言〈VOL.14〉性欲まみれの生活から抜け出して、平穏な日常を手に入れた30代男性。