読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界が変わる様子を見よう

rapt理論が世界に広まるように。イルミナティの支配体制の崩壊を祈って。

信仰生活を楽しむコツ



f:id:Sano7:20170325205206j:image

 

 久しぶりの金縛り

 

今日は久しぶりにサタンに攻撃されました。

 

実のところ

2月から1回も攻撃されていなくて(気がつかなかっただけかもしれません)、なぜサタンは私を攻撃してこないのか、私の信仰が弱いから攻撃する価値すらないのかと思っていたので今日は良かったです。

 

 

内容はとてもシンプルで急に腹痛で意識が飛びそうになって寝たら金縛りになるという攻撃を受けました。

 

金縛りすら久しぶりで、信仰生活はサタンから攻撃された時がスリリングで楽しいのです。もちろん、信仰生活をしていないのに倒れそうになって金縛りになったら人によっては恐怖でおかしくなるかもしれません。

 

 

では、なぜそんな攻撃すらもスリリングで楽しいと感じるのか。

 

それは神様は7でサタンは6です。

人間からみればたった1の差しかありませんが、実際はサタンが神様に勝つのは不可能なほどかけ離れています。

 

つまり、攻撃されている時に神様を呼べばそのサタンを蹴散らすことができます。

 

それがわかっているから楽しいのです。

 

「あ、お前やったな。神様に言うぞ、今から呼ぶからな」

 

といった心境になります。

 

もちろん、こういった単純な苦しみなら楽しいのですが、信仰を破壊しようとする攻撃は楽しめないかもしれません。

 

 

と言っても、今日の御言葉はどんな攻撃も大したことはないと思わせてくれます。

RAPT | RAPT有料記事157(2017年3月25日)神様を一筋の心で愛してこそ、人は真に幸福になれる。

強盗が家に入って全ての物を奪っていったとしても神様が取り返してくれるし、もしかしたら倍にしてくれるかもしれません。

少なくとも、神様を愛するなら全て返してくれると仰ってくれました。これなら火事で家が全て燃えても命だけあれば安心ですね。

 

地震津波で全てがなくなっても安心です。とりあえず、命さえあれば安心です。

 

 

でも、その命は神様一人で守れる物ではなくて、私やその人が事故をしたり、健康に気を使わずに暮らしていたら普通に死ぬでしょう。

 

それでも日々の生活の中で神様に意識を向けるなら命すらも安全だと以前の御言葉で仰ってくれました。

 

しかも神様を愛するなら、その人の命を奪おうとする者達を許さないと

 

つまり殺される心配はなくなるわけです。

神様を頼りにすると、これだけ心配事がなくなるのです。

 

しかも頼りにするなら神様は、あなたは私のことを頼りにしたからと言ってさらに祝福してくれるでしょう。