世界が変わる様子を見よう

rapt理論が世界に広まるように。イルミナティの支配体制の崩壊を祈って。

小ネタ 「麻生太郎 野生大麻 似てる」


f:id:Sano7:20170816220007j:image

 

 

麻生太郎

野生大麻

麻生太郎

野生大麻

麻生太郎

 

 ということです。

 

少しふざけた内容かもしれませんが、「麻生太郎と野生大麻は似てる」と思いました。

 

 この記事は陰謀論をやるとかではないです。

 

もしかしたら、この2つが似てると思って検索する人がいるかもしれないし、ならばそこで終わってほしくない。

 

どうせ検索するなら真理に辿り着いてほしいと思っています。

  

私は小学5年から陰謀論をやり始めましたが、スマホを持った中2のときにくだらないネットサーフィン(ここで書けないことを・・・)から本格的に陰謀論をやるようになりました。1日何時間もいろんな人のブログを読みまくってましたね。

 

ではまた!

 

RAPT | RAPT×読者対談〈第130弾〉エボラ熱を広めた犯人は麻生太郎である。(現代日本を支配する藤原家=麻生家の闇)

 

 

 

ファッションは時代とともに進化しているのか。

 

結論から書きます。

次元は上がってはいるものの、過去のものをトレンドと言って、過去のものにスパイスを足して宣伝を繰り返しているだけ。



f:id:Sano7:20170814213256j:image

革ジャンの着こなしの王道の配色です。

黒×白丈長×かなりの色落ちデニム

 

「革ジャンでどう着ればいいのかわかんない」という方は、上の着こなしor革ジャン×シャツ×スラックスこれがハズさない着こなしかと思います。あとは革ジャン×黒ニット×好きなズボンこれも王道の着こなしらしいですね。

 

 

一番覚えているのは、保育にも「流行り」があるんだな~…と思ったことです。

次から次へと、その時々の、流行の保育論があるんだなと。どういった保育が一番優れた保育なのか、わからないまま、不明のまま、それでも昔より今の方が「進化」している風に、紹介されていました。

 

保育ですらトレンドがあるなんて知りませんでした。

 

ファッションも同じことをグルグルと繰り返して

「はい今年のトレンドはウォレットチェーンです」

とか言ってきます、ハイブランドが。さらに言うなら、イルミナティですね。

これわかりました。保育もファッションも同じやり方で儲けているなら、この世分野のほとんどが流行を進化しているのかのように見せかけてますね。ほぼグルグルしてるだけなのに。

もうルシファーがデザインしないのだから、サタンの文化は全て劣化してくしかないです。

 

ファッショントレンド、仕掛人は誰だ? | FASHION!! INSIDER STORY | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

トレンドの仕掛人は、誰だ?

ファッション誌や新聞などの紙面をにぎわす“今季のトレンド”。これを発信しているのは、ズ・バ・リ、各媒体、もっと言えば編集部です。逆に言えば、ファッション業界の世界的権威やどこかの組織が発信しているものではありません。

あくまでも、特定の雑誌やメディア媒体のフィルターを通った、これが“トレンド”だと思われる、的な編集記事なのです。つまり、極端に言うと(あくまでも極端にですが)、その記事や情報を発信している個人や組織の見解、ということになります。

とは言え、“トレンド”特集記事は、信憑性がありますよね。その辺りの裏付けとなる情報については後半で説明しますが、その前にビジネス的なからくりの正体を暴きましょう。ここで、登場するのが、影の黒幕。というほどではありませんが、本当にメリットを享受する人たちの存在です。

それは、ファッションブランドです。

もちろん、メディアとしても購買につながるような魅力的な誌面を作り、1部でも多く売り上げ部数を伸ばす、という大前提は存在します。なので、メディア媒体のメリットというのも、当然、存在しますし、皆さんも理解しやすいと思います。

一方で、「これからはこれがはやりますよ~、このアイテムを買っておしゃれの仲間入りをしましょう~」とあおり、消費者を実際の購買に駆り立て、本来得するのは、リテーラー(ここでは、ファッションブランド)です。

では、なぜ、メディアはブランドのためにそんなことをするのでしょうか? 

ファッションブランドとメディアの関係

単純にそれが読者にとって関心のあることだから、という純粋な理由。そして、もう一つが、ファッション業界と雑誌などのメディアは、“広告”によって相互補完の関係にあるからです。

要は、ブランド側が広告費を出し、メディアは商品を格好良く紹介し(=宣伝)、売上という形でブランドに利益がもたらされ、ブランドはさらにまた広告費という形でメディアにお金を還元する。そういうサイクルが成り立っています。

最近は、雑誌などの広告ページが明らかに多いですよね。ビジネスエリートが中心のこのサイトの鋭い読者のみなさんは、広告収入が生命線であることはお察しでしょうから、ここでは具体的な広告例を省略させていただきます。

さて、ここからは、ファッション業界の仕組みについてです。なぜ、ファッション業界はメディアを通じて、トレンドを発信するのか。それはつまり、ファッション業界の根本的なビジネスモデルを理解することでもあり、業界の真髄に触れることでもあります。

イルミナティのやり方はだいたいこれです。

お互いに宣伝することで、勢力を拡大していきます。

 

 

ファッションというのは、“トレンド”や“流行”を生み出すことによって、そこから外れたものに“時代遅れ”や“ダサい”というレッテルを張り、それにより消費者を購買へと導くのです。

これがファッション業界の根本的な仕掛けです。ただ、流行を発信するだけではなく、きちんと新しい消費を生み出すために、“流行遅れ”という副産物も作るのです。そうすることにより、それまで最新のファッションだった服は、もう着られない

まぁ、着られないわけではないですけどね。

 

“はじめにカラーありき”ということで、流行が作られるベースは、色の選定から始まります。“○○年春夏/秋冬の流行色はこんな感じ”というのが、コレクションが発表される約1年半も前に決まります。それを公表しているのは、「国際流行色委員会」(インターカラー: INTERNATIONAL COMMISSION FOR COLOR)という国際的組織です。

 

JAFCA | 一般社団法人日本流行色協会 | Top

だからこういう組織がイルミナティから言われた色をトレンドにするわけですね。rapt理論で色はイルミナティの派閥を象徴するものでしたね。

 

 

今の高校生は知らないかもしれませんが、ガチャベルトもレトロだし、革ジャンもレトロだし、太めのパンツも中トロだし、ウォレットチェーンも大トロです。ラウンドカットのTシャツもレトロです。

 

本当に新しいトレンドというものがないんですね。それこそレイヤードのタンクトップを見せることくらいです。

 

 

 

流行遅れとか言いつつ、昔のものにディテールを変えたりして、復活させるこのループを繰り返しているわけです。

 

悪質な商売方法ですよ。

 

 

 

≡≡≡≡≡

 

服に7の次元の絵とかをプリントすれば、それを着て街を歩くだけで聖霊を感じさせることができるかと思いますし、服自体を7の次元にまでレベルアップさせれば、プリントがなくても聖霊を感じさせることができるかもしれません。

 

 

 

小ネタ お墓参りとかどうするのよ。墓地での心霊現象はなぜか。

いやぁ、家族に墓参りに連れていかれます。

 


f:id:Sano7:20170814105838j:image

 

行きたくないですね。

 

 

神社と寺ではどちらが、サタンが多いかはわかりませんが、個人的には寺の方がサタンが集まりやすいと思います。

 

 

神社は基本的に偶像はないですが、寺は偶像があります。

(どちらも大量のサタンがいます)

 

 

ほんとに偶像嫌いなんですよね。

 

 

 よく墓地での心霊現象とか、お墓が怖いということがあるかと思いますが、原因は寺とセットだからです。

 

 

 

 偶像を置く→サタンのたまり場になる→墓がすぐそばにある→霊的に最悪の場所となる

 

 

 

 だから墓参りなんて、わざわざサタンのたまり場に行って、嫌な思いをするだけという最悪な風習です。もう家の庭にでも骨を埋め直してくれって感じです。

 

 

しかも先祖の骨が墓の中にあるだけで、その人達はそこにいませんからね。特に私の曾祖母なんて創価信者でルシファーを拝んでたんだから地獄ですよ。

 

 

神社・寺の心霊スポットまとめ - 全国心霊マップ

 

神社仏閣の心霊現象的なことが沢山出てますね。

 

≡≡≡≡≡

 

【住所】〒711-0907 岡山県倉敷市児島上の町3丁目11−46 素盞鳴神社

 

幅2メーターくらい高さ15メーターくらいの石段を上って鳥居をくぐるのですが強烈な圧迫感と得体のしれない無数の視線を感じます。こみ上げてくる恐怖があります 良い神社と悪い神社があるなら間違いなく悪い神社です。どういういきさつで作られた神社なのかわかりませんが昼間でも怖いです 神社境内まで入ればどうってことはなくなるんですがそこに行きつくまでが尋常じゃありません 何度行ってもわけのわからない恐怖がこみあげてきます 霊感があるとかないとかそんなレベルではないので行ってみてください

 

 

まぁ、行かないけど。この方は霊感が高い人ですね。

 

 

 

 

自分の専門分野捜索中・・・


f:id:Sano7:20170813095102j:image

 

talent(個性や才能)は無限大

 

 

正直、これといって好きなこともなく、得意なこともないです。無理やり書くとすれば、ボケとツッコミの両方が出来るかと。

(面白いかどうかは別として)

 

 

あとちょっと長い単語でも韻を踏めるくらい

 

長い単語でも

朝に散歩せよ

赤いサンゴ

 

 

 

ライムにはなってないですね。

 

≡≡≡≡≡

ライムと韻を踏むの違い

 

ライムは文章の中で、しっかりと意味を通したものです。

 

例:ボクが嫌いな生物基礎の成績なら常に低空飛行

 

もう始まった成約時代の計画自体には問題ない

 

 

 

「韻を踏む」は素直に韻を踏むこと

 

例:俺はできない韻吐く制御、でもクリスチャンだから読む新約聖書

 

獣の数字666(ロク ロク ロク)、彼らは毒すらもゴクゴク飲む

 

※といっても一般的には韻を踏む・ライムは同じとして扱われますので、気にするほどでもないです。

もしラップやってるっていう人がいるなら、ぜひ気にしてください。

 

≡≡≡≡≡

 

このブログにファッション・トレンドというカテゴリーを設けてしまったので、ファッション系のことを書こうかなと思いますが、記事の構想とかが全く浮かびません。

 

 

 

自分で言うのもなんですが、わりといろんな分野のことを知ってはいるんですよ。

五十音順も言えるし、アルファベットも全部言えます。raptブログも一通り読んでますし。ただ、極めたと言える分野はゼロですね。そういう分野ほしいです。

 

 

 

 RAPT | RAPT×読者対談〈第123弾〉個性豊かな才能あふれる人々を生み出す社会へ。

 

 

 

アンチraptブログを見ないようにしましょう


f:id:Sano7:20170809234741j:image

 私は霊的なサタンが何匹いるのかと思うことがあります。

 

 

 

 

アメーバの方でアンチraptブログ・raptブログをバカにするようなブログが幾つかありますが、見ないように、見ても読まないようにしましょう。

 

というのは私が今チラッとそちらを見たから書くわけですが、彼らは絶対に工作員とは言わないし、raptが間違っているとしか言わない連中です。

 

そういう人達やアンチブログを書く人は神様に裁いてもらうしかないですね。

 

いまだに彼らがブログを書き続けられているのが不思議なくらいですが。

 

やっぱり、工作員と人間サタンの数もとても多いです。

 

世界中の教会を全滅させたっていうことからもサタンの本気度がわかりますね。

 

 

 

第二東名高速道路を見下ろす


f:id:Sano7:20170805195844j:image

 岩本山 - Wikipedia

 

ということで、今日は岩本山から富士の街

を見下ろすことができました。

(画像は第一東名です)

 

 

 

うわ~キレイだなぁ~

 

ということも思いましたが、第二東名高速道路めちゃめちゃデカイなと思いました。

 

 

つまり人類の営みを感じました。

 

 

 第二東名を走るトラックか・・・

 

 

 

 これからさらに世界が良く変われば最高です。

 

神様を信じるようになってから、いろいろと考えさせられることが多くなりました。

 

人間が神様と一体になったら、どんなにスゴい世界を作っていけるのか。

 

RAPT | RAPT有料記事113(2016年10月22日)千年王国はどのように実現されていくのか。

 

 

 

アニメやゲームそれは仮想世界、今いる場所それが現実世界。

 
f:id:Sano7:20170803202409j:image

 

 

私が今ブログを書いている場所が現実世界。

 

 

ガンランスでフルフルを倒すのが仮想世界。

 

≡≡≡≡≡

 

女の子が戦艦に変身するのは・・・

 

歳上の先輩のにっこにっこにー・・・

 

新しい顔を焼き上げるおじさんは・・・

 

強化段ボールの中で戦うのは・・・

 

ストライクショットー・・・

 

ドラえもん・・・

 

満月を見ると猿に変身する肩パッドは・・・

 

≡≡≡≡≡

 

これらは現実世界ではありません。

全てアニメやゲームの世界です。

 

 

 

 私もわりとゲームが好きな方だったと思います。

 

スマホゲームもパズドラ・モンスト

 

ゲーム機だと ウイニングイレブンポケモン ・モンハン ・イナズマイレブン

とかをやっていました。

 

やっているときに楽しいのはわかります。

現実ではあり得ないことばかりが起きますからね。

 

 

しかも、その現実世界ではツラいことばかり。嫌なことばかりですよね。

二次の世界は現実逃避には持ってこいですよね。

 

だから私は言いましょう。直接キャバクラや風俗に行くよりはマシな逃げ方だと・・・

 

 

さらに私は言いましょう。ゲームやアニメの世界よりも結局は現実世界の方が楽しいと。

(この楽しいは娯楽のことではないです)

 

 RAPT | RAPTブログ読者の証言〈VOL.16〉 アニメやゲーム業界で悪魔的な絵ばかりを描かされて病を患った30代女性。

 

私はraptブログを読んで神様を信じるようになりました。

 

つまり私は「自称クリスチャン」ですね。

 

なぜ最終的に、現実世界の方が楽しいかと思ったのか?

 

 

信仰を持つということがスリリングだからです。

 

これは皆さんもご存知の通り、キリスト教の教えの一番は心を尽くして神様を愛することです。

 

これが正直、とても難しいわけです。

 

しかも、いつ自分が信仰から堕ちるのかもわからない状況の中でやっていくスリルは、神様を知る以前は絶対に味わうことのできない感覚です。

 

 

 

大変なことも確実にあります。サタンから攻撃されて辛いときも確実にあります。

 

でもこの世界を生きていながら、別の次元での生活ができるという喜びも確実にあります。